Bacchus column (1)

伝統への憧れ。自転車文化においてもアメリカは、根っこのところで“伝統コ ンプレックス”があるようですね。 自転車については黎明期のドイツ、フランス、産業的成功を治めたイギリスに 続いて、アメリカも世界的な覇権を握ったこと…

1年前

角田安正・雑記帖 「新羅万象」というコトバ

自転車には多くの物語があります。人それぞれの自転車についての思い出があります。 放送作家の永六輔は語っています。 「ゼブラ・ラーヂ・モノポール・宮田・山口・丸石・スィフト……昭和の初め僕が生まれたころに浅草の街を走ってい…

1年前

動かぬMTB:角田安正の雑記帖

1980年代、マウンテンバイク(MTB)が世界を席巻した。サンフランシスコ郊外のタマル山麓のヒッピーたちが、古い実用車を頑丈に改造してダウンヒルを競ったことが始まりである。それまで自転車文化は欧州専売だったが、この米国発…

1年前

前代未聞!サイクルスポーツ掲載「自転車物語」生原稿掲載。

八重洲出版から発売されている「自転車物語」シリーズ、その第一巻スリーキングダムをサイクルスポーツ誌に連載していた生原稿のさらに原板(細部が異なります)で再掲載します。 単行本「自転車物語・スリーキングダム」では、単行本用…

1年前

はいからさんが通る展

弥生美術館(文京区弥生2-4-3 根津駅または東大前駅より徒歩7分)で9月29日から12月24日まで「はいからさんが通る展」を開催しています。 同展では自転車文化センター所蔵の女性用ROYAL ENFIELD自転車(19…

1年前

「降りる」決心。

編集人です。実は自転車に乗らなくなって久しい、といっても妹のママチャリはメンテナンス含め何度か乗るけれど,自分の自転車は残念ながら「乗れる人」に譲った。 60を過ぎた頃、発進でふらつく,低速で安定できない事に気付きそろそ…

1年前

書籍版自転車物語

自転車物語webを作ろうという話は,このサイトの主宰者、角田安正氏がサイクルスポーツに連載していた自転車産業史「自転車物語」を書籍化するという話から始まりました。 当初の目的は「本を売るためインターネットを使いたい」でし…

2年前