強者(つわもの)どもの夢の跡
━オートバイ小史━

  例年春になると「如月会」(きさらぎかい)が開かれる。かつて“2輪車”戦争を戦った企業戦士たちが、“如月”(2月)に集まる飲み会である……。 第2次大戦終了後まもなく、日本産業史に残るオートバイ大戦争が勃発し…

3週間前

自転車によるひき逃げ事件

自転車の「酔っ払い運転」に続き「ひき逃げ事故」が発生した。「自転車で人をはねてひき逃げするなんてあるの?」と意外に思う人もいるだろう。 事件のあらましは━。 18年11月東京都内でイヤホンをつけた30代男性医師が、自転車…

2か月前

はじめてのプロ経営者

晩秋のある日の東京・麻布の国際文化会館で開かれたパーティーの席上。紅葉に彩られた庭園を眺めていると、ひとりの老紳士に声を掛けられた。

3か月前

自動運転車に思う

自転車の基本技術は、1860年代からの40年間で開発しつくされた。空気入りタイヤ・フリーホィール・3段変速機・バンドブレーキ・コースターブレーキなど……。これにより、安全性・快適性・スピード力が実現された。

5か月前

思い出の自転車都市

列車はスピードを落とし、ゆっくり駅に入っていく。私は座席から立ち上がると、トランクを引っ張りながら下車口に向かった。一人の軽装のドイツ人青年も、出入口にある固定駐輪ラックから自転車を引き出している。列車が停まった。私は手を伸ばして手動式のドアを開け、自転車を抱えている後ろの青年に声をかけた。

6か月前

災害と自転車

この夏、東北ドライブ旅行に出かけた。 東京から泊りを重ね、11年の東日本大震災のとき、津波に襲われ甚大な被害を受けた、宮城北部の南三陸町志津川まで走った。 復興中とはいえ、残された建物や海から運ばれた巨石を見ると、胸が痛…

7か月前

映画に見たシュウインの崩壊

過ぐる日、映画「王様のためのホログラム」(日本公開2017年)を鑑賞したが、思いかけずも、米国自転車メーカー・シュウィン社の崩壊を垣間見た。 シュウインは、世界最大の自転車国だった米国のシカゴで1895年に創業、大人車衰…

8か月前

遵法精神か安全保障か

かつて駅前に溢れた大量の違法駐輪は、放置車取締りと駐輪場設置により目立って減っている。 代わって電柱・柵・ガードレール・樹木など動かない物に、自転車をつなぐ施錠法が流行っている。「地球ロック」と呼ぶが、これは違法か合法か…

9か月前

角田安正・雑記帳  街で見た自転車式移動ショップ

東京駅丸の内、立ち並ぶ高層オフィスビルに囲まれた大広場。その一角を曲がって、丸の内仲通を歩く……。 「知らない角を一つ曲がるとそれはもう旅の始まり」と、大の自転車好きだった放送作家永六輔は言った。 薫風に揺れる街路樹が続…

10か月前