自転車実用化の歴史

近年、自転車の種類はますます増加している。1960年、JISで自転車の種類が定められた当初は、「実用車」、「軽量車」、「子供車」、「特殊車」の4種類であった。それが、2013年の改正時には表のように10種類に増えている。…

5か月前

赤城山の紅葉、環境少女グレタさんに見せたかった

 スエーデンの環境少女、グレタ・トゥンベリさんの眉根に皺を寄せた表情は、彼女が抱く大人への憤りと未来への不安を現しています。  でもごめんなさいグレタ、私はクルマの運転が大好き。ターボ付きガソリンエンジンをぶん回し、マニ…

6か月前

勇気凛々

(高杉良 角川書店刊) 本書は、自転車メーカー「ホダカ物産」を、一代で築いた武田光司を主人公にする企業小説である。 作者高杉良は、日本経済界に広く題材を求めて、独自の視点から企業や企業人を掘り下げ、数多くの作品を著わして…

6か月前

レンタサイクル物語22
レンタサイクル日本史(3)

パリの衝撃・日本へ 実証実験が再起動した 1970年代の2度にわたるオイルショック以来、日本は政府主導のもと、自転車活用社会実現への摸索を続けていた—―。 80年代には、「コミュニティサイクル」と呼ぶ、都市の共用自転車実…

6か月前

電波法の改正と道路交通法の未来

2019.12.09 赤松正行 2019年5月に成立した「電波法の一部を改正する法律」(改正電波法)により、技術基準適合証明等(いわゆる技適マーク)を未取得の機器でも、届け出によって国内での試験利用が可能になった。これま…

6か月前

有明闘病物語

今や2人に1人が、がんになる時代である。内閣府の調査によると、18歳以上の男女のなかで、がんを怖いと思う人が72%いる。 死亡者の多い3大がんは、胃がん、大腸がん、肺がんである。なかでも胃がんに罹る人は年々増え続けている…

6か月前