創造性・チャレンジ精神・情熱
Japan Bike Technique 2019

「ジャパンバイクテクニーク2019」の紹介を以前にここで書きました。自転車の変速機マニアならご存知かもしれませんが、19世紀後半に長距離自転車旅行の遊び方を提案してオートクチュール自転車と、変速機の重要性を熱心に説いて “シクロツーリズムの父”と呼ばれたヴェロシオの意志を、21世紀の今に日本で復興するイベントです。

長野県と群馬県をまたにかけた山岳コースで、新時代の旅用自転車として誂えたスペシャルがプレゼンテーションで己の哲学を主張した後に走って、スペシャルステージではタイムを競い、ダート区間では特別なゲーム(バッグに入れた温泉まんじゅうが揺れて変形しないように運ぶ)で総合的な完成度を示したのです。

参加したコンテンダーは16チーム。

山音製輪所・MONTSON・MONTSON

柳サイクル・YANAGI・YANAGI

自作自転車秘密研究所・NAGARA

絹自転車製作所・テンションシルク・テンションシルク

ベロクラフト・VELOCRAFT

Cスピード・エキップ 鉄中年林走会 KeihinPista・course nove

東京サイクルデザイン専門学校・ひろちゃんず・SPROUT

東京サイクルデザイン専門学校・SHIBU・SHIBU

東京サイクルデザイン専門学校・TCD・comod

EMERALD BIKES・EMERALD BIKES・EMERALD BIKES

今野製作所・CHERUBIM

タカギサイクルワークス・WILDGOOSE

パナソニックサイクルテック・Panasonic Bike・Panasonic

M.マキノサイクルファクトリー・サイクルスポーツ・MAKINO

オオマエジムショ・après

サイクルグランボア・GRANDBOIS(オープン参加)

東叡社(展示のみ)

スペシャルステージのヒルクライムは、e-BIKEを持ち込んだ東京サイクルデザイン専門学校・TCD・comodチームが勝利。時代の流れを実感させられました。

とはいえ、新しいスタイルの旅用自転車というお題で、じつにバラエティー豊かなスペシャルが集まったことが本当に嬉しい。創造性、チャレンジ精神、情熱。熱いコンテンダーたちに感動でした。

細かい説明抜きで、主だった自転車をご覧いただきましょう。

Photp ©  Japan Bike Technique

早朝の暗い時間にスタート。前後ライト、バッグ類などツーリング装備が義務付けられている

フィニッシュ後に、「テンションシルク」の軽さをステージでアピールする絹サイクルの荒井さん

学生チームの「TCD」は独自設計の自作フレームにモーターとバッテリーを搭載。ヒルクライムレースで勝利

総合優勝したベロクラフトは、伝統的なランドナースタイル。ディスクブレーキ、ハブダイナモ、電動変速メカを搭載

自作カーボンフレームで参加のNAGARA。斬新なキャリアの造形、泥除けステーの脱着メカなどが光った

自作変速機で参加のEqipe C speed。「フィクスドギヤの押されるダイレクト感が最高!」と語った漢の鉄バイク

総合優勝には、ロー溶接に用いるトーチを台座固定されたスペシャルトロフィーが用意された

 

2週間前