痛み・衰え

口腔内に小さな腫れ物ができた。下の歯で犬歯の裏側。

最初は口内炎かと思った。

 

5日ほどして治らないから掛かり付けの医者に相談。

すると、歯根が膿んでいるから歯医者に行けとの由。

師走なのでのんびりできず、歯医者に電話しての緊急診療。

結果、「原因不明ですが根にヒビが入って雑菌が侵入」

 

なぜヒビが? 原因不明だそうだ。

歯の神経が突然死することもあるそう。

歳を重ねるといろんなことがある。

 

老化を意識したのは50代、地下鉄の車窓に映る自分の顔だった。

シワ、たるみ、そんな細かい美醜の変化に気づいた。

自転車での走力は60代になり、心身ともに低下した。

モチベーションが「どうでもいい」になり、筋肉が衰えた。

そんな自覚があるが、まぁいいか、と思う自分がいる。

 

生まれたばかりの人間は水々しい。

胎児の体は水分が90%、子供で70%、成人で60%、老人は50%。

肌にうるおいがなくなり、筋肉が落ち、骨も痩せる。

 

オスグッド症をご存知ですか?

骨(脛骨関節)の成長に追いつけない筋肉が原因で

成長期のアスリートに発症します。

肘などが突っ張ってパフォーマンスが一時的に低下します。

若さ故の痛さ。

そういえば小学校のころ、夏休みで背が伸びた奴がいたなぁ。

 

痛み。成長期と老齢期ではずいぶん違いがある。

変化。老人は唾液の分泌が衰えて嚥下力が低下する。

だから正月は、餅を喉につまらせて死ぬ老人がニュースネタ。

師走から新年に、変なことを考えてしまいました。

正月は冥土の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし。

10か月前