電飾がきらびやかに輝いた時代

毎年春になると、自転車売り場は通学車を吟味する親子連れで賑わいます。いろんなタイプの自転車の中で、最初からスポーツ車に決めている少年もいます。
父親らしい男性が息子に言いました。

5か月前

自転車物語WEBとクリティカルサイクリングがコラボ。

このたび当自転車物語WEBは、自転車情報提供サイト「クリティカル・サイクリング」と連携して、自転車に関する情報を相互提供することになりました。
WEB閲覧の皆さまには、相互グループ20人のスタッフが執筆する、より広範囲で興味深いいろいろな情報をお届けしてまいります。

5か月前

自転車によるひき逃げ事件

自転車の「酔っ払い運転」に続き「ひき逃げ事故」が発生した。「自転車で人をはねてひき逃げするなんてあるの?」と意外に思う人もいるだろう。 事件のあらましは━。 18年11月東京都内でイヤホンをつけた30代男性医師が、自転車…

5か月前

書評紹介(3)赤松正行による「自転車物語Ⅱ・バトルフィールド」(戦後編)の書評

(注)本記事は、自転車情報提供サイト「クリティカル・サイクリング」(http://criticalcycling.com/)に掲載された書評に、著者(角田安正)が補足説明したものです。評者は同サイトを主宰する情報科学芸術大学院大学赤松正行教授、本人も自転車を楽しむライダーです。詳しくはサイトにリンクください。

5か月前

書評紹介(2)マルコ・ファヴァロによる「自転車物語・スリーキングダム・王国の栄枯盛衰」の書評

(注)本記事は 『Cyclist』の人気連載『つれづれイタリア~ノ』でもおなじみの、イタリア人ジャーナリストでサイクリストのマルコ・ファヴァロ/ Marco FAVAROさんが「日本の自転車史を知りたい人におすすめしたい一冊」として紹介いただいた書評に、著者(角田安正)が補足説明を加えたものです。詳しくはサイクリスト(https://cyclist.sanspo.com/381885)にリンクください。

5か月前

名著・新刊・大作・希少本を紹介する「1冊の本」 自転車泥棒 ━The Stolen Bicycle ━

著者呉明益(ごめいえき/ウー・ミンイー)は現代台湾文学の代表的作家である。
タイトル「自転車泥棒」は有名なイタリア映画を連想させるが、内容は全く異なる。エッセイに似た語感のなかで、現代から100年前に遡り、台湾、日本、東南アジアを舞台にした、人と「もの」が織りなす壮大な物語である。

6か月前

痛み・衰え

口腔内に小さな腫れ物ができた。下の歯で犬歯の裏側。最初は口内炎かと思った。

6か月前