救急箱

自転車学校では、どんなに注意していても、思わぬアクシデントがあるものです。備えよ常に!(ボーイスカウトの標語です)

 

そこで、救急箱を誂えました。パラサイクリングの金メダリストとして有名な野口佳子選手(ブリヂストンサイクリングチーム所属)は、本職が薬剤師にしてスポーツファーマシスト。これは野口佳子さん監修のスペシャルなのです。

 

二段重ねの構造で、上層で目立つのはピンクの蓋で小分けした白色ワセリン。これは自転車競技でいちばん多いケガの擦過傷に、防水ワンタッチパッドと合わせて使うのです。

 

炎症や打撲・打ち身などで使うコールドスプレー。脱臼や骨折に備えての三角巾も備えました。ホワイトテーピングも入っています。体温計、ピンセット、とげ抜き、虫刺されに対応する軟膏も。

 

出番がないことを祈りつつ、準備だけは怠りなく!

 

 

5か月前