omemo's essay-1s

25年ぶりに語る事になった、自転車の事。好きだったけど、今はキライな自転車の事。

・自転車の魅力って、なんですか?


omemo's essay-201810-2

 

その昔、私 omemoは本気で自転車が好きでした。

 

子供の頃から、自他共に認める?運動オンチ。
自転車に乗れる様になるまでは、他の友達よりも時間が掛かりました。

 

中学校進級時に、近隣の自転車店で買ってもらったブリヂストンのマイロード(← 当時一世を風靡していたロードマンでないのがポイント?)。
この1台で、自転車の感覚が変わった事を覚えています。

 

ママチャリという意識が一変。
それまでは、自宅周辺を行き来する買い物自転車という感覚。

 

「これって、本当に同じ自転車?」。

 

なんか、踏み出せばどこまでも行けてしまいそうな、不思議な感覚。

当時、友達と随分遠出をしたものです。

 

本当に・・・
どこまでも、どこまでも!
・・・と思えてしまう、あの感覚。

 

移動手段は、電車ではお金が掛かりますし、当然車の免許なんて持っていない子供。

独力で遠くに行けてしまう、不思議な魅力。

だんぜん虜になりました。

 

高校入学時に、斬新だったパナソニックオーダーシステム(P.O.S)で
ロードレーサーを手に入れ、更に世界が変わった感覚を覚えたのは、言うまでもありません。

 

・過ごす時間の大半が、自転車関連の事だったあの頃


omemo's essay-201810-3

 

タイトルに「25年~」と入れてます通り、80年代後半~90年代前半まで
本気でやっていたのが、トライアスロン。

 

今の様に、インターネット等無かった時代。
毎日毎日、サイクルスポーツや専門誌を穴が開く程読み、試行錯誤しながら自転車をイジり倒していました。

 

自己に課した朝練習のルーチンは、50Km+標高300m程の坂を5往復。
実家の埼玉県某所から、毎朝東松山市高坂の物見山まで。

 

その後5kmのラン、終わったら大学へ。
帰宅後近所のスイミングスクールでトータル2,000Mのスイムメニュー、終わった後5kmのラン。
基本、こんな毎日を送っていました。

 

自転車に関しては、走り終える度にセッティングを調整。
しかし、自転車を知れば知るほど?楽しい部分と共に、見えてきた嫌な部分も・・・。

 

そんな中、「トライアスロンのプロになる!」。

そう心に決めて、過ごしていた大学生時代。

 

今だから言えますが、大学での勉強よりも、女の子と付き合う事よりも、何よりも優先。

全てに渡って、最上位。

 

3種目の中、弱めだった自転車。

常に強くなる事。
これだけを考えて過ごしていました。

 

実績的には、活動期間中参加したレース数は、20。
全て完走、ノーリタイヤ。
途中から実業団チーム入り
したおかげで、練習環境も改善しました。

 

目立つ成績としては・・・、

 

・サイパンタガマン19位(年代別2位)。
・トライアスロンIN徳之島 19位。
・野尻湖 19位。
・ミューズパーク秩父 19位。

 

なぜか全てが19位という結果でした。

 

ある日、練習にヒザを故障。
折からのバブル崩壊からの就職難。

 

トライアスロンを引退すると共に、自転車との関わりもフェードアウト・・・。

 

・愛しさあまって、憎さ100倍!?。今はキライな自転車


omemo's essay-201810-4

 

今では自転車の類は、一切の乗っていません。

今は自転車キライなんです、私。

 

もう一度、言います。

「私は自転車がキライなんです!」。

 

基本、全てが徒歩移動。

もはや?この感覚。
自転車が好きだった人間としての意地!・・・とでも言いましょうか?。

 

・うずみ火の様に残る、自転車への思い


omemo's essay-201810-5

 

嫌よイヤよも、好きのうち!?。

 

普通に街中で見かける様になったロードバイク。
自転車専用通路という名の青いライン。

 

夢の様に過ごしていたあの時代より、格段に市民権を得た感のある状況。

 

そのマナーの悪さから、すっかり遠ざかった自転車関連。
たまに本屋さんで雑誌を見かけては、時間つぶしにパラパラめくるだけ・・・。

 

しかし、嫌いと言う思いの根底。
その中にある思い。

 

「やっぱり、自転車は好き!」。

 

こんなうずみ火の様な、思い。

 

かつて好きだった女の子の幻影。
ふと見かけると、目で追ってしまうかの様な・・・。
そんな感じとも?(苦笑)。

 

日々の生活シーンで普通に見かける、ロードバイク。
一般的な自転車も、その進化はホントにスゴい!。

 

そんな複雑な思い。
そして25年ぶりに向き合い、語る場を頂いた、

 

「好きだった、真剣だった、自転車の事」。

そして

「キライに思っている、自転車の事」。

 

ところでomemoって、誰?。

11か月前