Bacchus column

半世紀も前にサイクリングを始めたころ、自転車は濡らしてはダメ、と先輩から教えられました。
でも、最近は汚れた自転車の洗車、推称されています。
まず、自転車の素材が変わりました。濡れるとサビる鉄はほとんど使われなくなり、アルミや樹脂になりました。構造も、防水処理やシールが施されるようになりました。進化したんですね。軽快に走れて、手入れも簡単になった。進化は基本的にいいことです。自転車も安く買えるようになった。でもなぁ、モノを大事にする気持ちが薄れてきたように思うんです。
水洗い、僕はどうも馴染めません。

1年前