2018ハンドメイドバイシクル展

サイクルショーがモーターショーなら、こちらはオートサロン?ハンドメイドサイクルのショーに行ってみた
「国内外のハンドメイドバイシクルビルダー及びメーカー(50社予定)が経験と努力、高い技術力で生み出した「独自性溢れる自転車」や斬新な新機構を取り入れた「独創性の高いパーツ」の展示、トップビルダーによる「トークショー」など、今回も様々な企画を予定しています。」という2018ハンドメイドバイシクル展。
サイクルショーがメイカー中心のモーターショー的なショーならこちらはショップ中心のショーなので行ってみました。オールディーズな自転車乗りとしては昔から名前を知っているショップが頑張っているのに目から汗、ショップだけではなく部品メーカーも出ていました。ハンドルのNITTOHやペダルの三ヶ島では懐かしい商品が未だ現役なのにちょっとびっくり。勿論新製品のできにも感動。ブレーム素材メーカーもコロンバスやタンゲなど、普段触れる事がないパイプも展示され今の素材の軽さに感激。

昔と一番変わっていたのはラグの薄さ、昔のナーベックスなど2㎜近くあった物が今では1ミリ以下、勿論強度は今の方があるし、何より造形の精度が高くうっとりするほど美しくなって、オールドボーイ(つまり爺)としては羨ましくなるほどでした。
一つ残念なのは自転車はあったけれど自転車を楽しむためのアイテム、例えばサイクルコンピューターなどの出品・展示はなく、今はあるけど未来はどうなのというものが無かった事。来年は是非ともそのあたりのメーカーの参加やショーへの勧誘など主催者さんに考えて欲しいなと、大手は他にも出せるからスタートアップな企業を是非。

 

https://www.facebook.com/jitenshamonogatari/

2年前