明治期の自転車利用女性に対する差別化の様子

自転車文化センター  谷田貝一男 1.はじめに 慶応元年発行の「横濱開港見聞録 後編 中」1)に、自輪車と称した三輪車に乗った女性の絵が描かれている。これが現在判明している日本における自転車の記録の最初である。その後明治…

2年前

代々木上原「自転車物語祭り」始まる!!

11月から、日本初(?)の地域異業種コラボ「自転車物語祭り キャンペーン」が渋谷区代々木上原で始まります。 ちょっと変わった異業種3店のコラボレーション、キーワードは「自転車」。 新刊「自転車物語シリーズ」を販売する書店…

2年前

角田安正・雑記帖 壁画式の一夜

渋谷の代々木上原に「カーサ・ヴェッキア」(Casa Vecchia)という隠れ家的なイタリアレストランがある。 オーナーシェフの見崎さん、店内を仕切る岸菜さん、ともに自転車ファンである。見崎さんは大の読書家でもあり、店内…

2年前

書籍版「自転車物語」第二弾バトルフィールド発売しました。

書籍版「自転車物語」第二弾戦後編バトルフィールドが発売になりました。 第二次世界大戦の廃墟の中から不死鳥のごとく蘇る日本の自転車産業、なぜ不死鳥かといえば軍用機の残った資材で作られたで有名なスクーターがありますが、自転車…

2年前

自転車屋さんで本を買う!Y`Roadで自転車物語フェア開催中。

ワイズロード限定!「自転車物語」第二巻バトルフィールド刊行記念! 「自転車物語」をワイズロードでお買い上げの方にサイクルスポーツオリジナルクリアファイルをプレゼント、さらに抽選でサイクルスポーツオリジナルTシャツも当たり…

2年前

Bacchus column (1)

伝統への憧れ。自転車文化においてもアメリカは、根っこのところで“伝統コ ンプレックス”があるようですね。 自転車については黎明期のドイツ、フランス、産業的成功を治めたイギリスに 続いて、アメリカも世界的な覇権を握ったこと…

2年前

角田安正・雑記帖 「新羅万象」というコトバ

自転車には多くの物語があります。人それぞれの自転車についての思い出があります。 放送作家の永六輔は語っています。 「ゼブラ・ラーヂ・モノポール・宮田・山口・丸石・スィフト……昭和の初め僕が生まれたころに浅草の街を走ってい…

2年前

動かぬMTB:角田安正の雑記帖

1980年代、マウンテンバイク(MTB)が世界を席巻した。サンフランシスコ郊外のタマル山麓のヒッピーたちが、古い実用車を頑丈に改造してダウンヒルを競ったことが始まりである。それまで自転車文化は欧州専売だったが、この米国発…

2年前