書籍版自転車物語

自転車物語webを作ろうという話は,このサイトの主宰者、角田安正氏がサイクルスポーツに連載していた自転車産業史「自転車物語」を書籍化するという話から始まりました。
当初の目的は「本を売るためインターネットを使いたい」でしたが、実際サイトオープンした今は「自転車の今と未来をもっと知りたい」に変わっています。

発行が2014年10月ですからもう三年近く前、編集作業は連載した原稿の全面書き直しをしたので半年以上前から始まっています。タイトルやサブタイトルには私も駆り出され「スリーキングダム」、「王国の栄枯盛衰」に決まりました。
自転車物語は自転車の歴史を産業という観点から見た経済史です。元がサイクルスポーツというマニアックな自転車雑誌掲載ですから「自転車ぁ?」という自転車無関心な人には何だと思われがちです。かくいう私は元自転車マニアですが角田氏から「読んでみて」と初稿わたされるまで「自転車経済史」には無関心でした。その初稿に「喧嘩を売った」ところ数ヶ月後角田氏から「もう一度読んで」と二稿目、初稿はほぼ跡形無く書き直されていました。読んでみると面白い、自転車開発の歴史と、当時の経済状況、世の中の流れの三要素が綺麗に紡がれ頭の中に入ってきます。読み物として面白い事は「学ぶ」には大事な事です。
この第一弾の時点で第二弾は既に刊行予定、ただし第二弾は連載を下敷きにほぼ全文起こし直しという作業を角田氏が決意、タイトル決定作業も難航しました。「バトルフィールド」に決まったのはつい最近です。自転車物語第二弾「バトルフィールド」は10月17日発売です。

第一弾「スリーキングダム」と合わせて読んでみる事もお勧めです。

自転車物語スリーキングダム

 

 

 

 

 

 

2年前